読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六時のサイレン

一人の帰り道で「好きだよ」

いい機会なので

ちょっとだけお話させてくださいね。長くなります。

最近のユニゾン!で家族の話や会いたい人ってテーマが続いてたからいい機会だしTwitterでも「おめでとう!」って沢山言ってもらったし、いつか言わなきゃいけないと思ってたから少しだけお話させてください。

知ってる方は知ってると思うんだけど
私、子供がいるんです。
でも今この場には居なくて、と言うのは亡くなってるんです。
去年の12月31日に出産して今年の5月28日に5ヶ月で亡くなったんです。
と言うのも、元々息子は先天性の心疾患があって私が妊娠中にそれが分かったんだけど難病指定されているぐらい結構深刻な病気で。
「左心低形成症候群」(http://www.nanbyou.or.jp/entry/4372)っていう病気に類似するもので(実際はこの病名ではない)結局亡くなるまでにあと+6個ぐらいの病名が付いちゃったんですけど。
手術自体も心臓系の手術の中では郡を抜いて難しかったり、息子も産まれて4日で手術して亡くなるまでの間に沢山手術してきたり。

ちょっとややこしい話になるんですけど
最初に息子がしたのは「バンディング手術」っていう手術でその後に「ノーウッド手術」(この手術が一番難しい)最終的には「フォンタン手術」に辿り着ければ良かったんですけど、息子はこの「フォンタン手術」に辿り着くまでに亡くなっちゃったんですけど。

f:id:to_go:20161109032716j:plain

(沢山の資料達)

最初に息子に心疾患があるって分かった時に
どこか他人事だったんです、私。
だってまさか自分の子が病気で?心疾患で?なんて思うわけないじゃないですか。
私もそうだったんです。
病気が分かった時には性別も分かってて「男の子だから戦隊モノとか好きになるのかな〜?アニメ好きにさせよう。」とか思ってました。
まぁ、そんな私の思いも儚く「え?今なんて?心疾患?誰が?え?」って感じになってました。
人間って急に予期せぬ事を言われるとこうなります。
で、その後に続いた言葉が
「3日間の間に産むか中絶するか決めて」って言われたんです。
私的には「いやいや、え?」って感じですよね。
人間って驚きすぎたり動揺が度を過ぎると涙も出ないんです。

最終的には緊急帝王切開で産んで今に至る訳ですが。

本当に正直めちゃくちゃ大変でした。
病院に私自身も泊まりっぱなしで、息子は息子で寝てくれない、母乳飲まない、あと良く吐く。
あと何よりも毎日の薬や注射で泣いてる息子を見るのは何よりも辛くて。
代われるもんなら代わってあげたかった。

私も息子の前では泣きたくなかった、息子は一生懸命頑張っているのに泣いちゃったらダメだって。

とか思ってても私も人間だからボロボロ泣いちゃったんですけどね。ダメでした。


で、その頃に思ってた事が
「なんでうちの子が?」問題なんですが。
正直思いました。
「周りの子が健康なのになんでうちの子が?」って。
今は私達より大変な人だっているって思えるけどあの頃は思えなかったです。すいません。

今年生きてれば1歳になる息子。
誕生日はまだだけど、おめでとう。
母は君の成長をずっと見守っていきたかったです。
でも天国でおばあちゃんや猫達に遊んでもらってるかな?
母も仲間に入れてほしいけど、君の分まで生きなきゃいけないしまだ死ねないのでいつか一緒に遊ぼうね。

f:id:to_go:20161109032904j:plain

(柵に貼り付けてある資料を見る息子)


私にとって息子は自慢であり誇りです。
小さな体で良く頑張ってくれました。
もう痛い事はしないよ、薬も飲まなくていいよ。

息子が亡くなった今思う事は
私は息子にとって良い母親だっただろうか?
私の元に産まれてきて良かったって思ってくれてるだろうか?
それは誰にも分からないですし、私にも分かりません。
息子が1%でも私の息子で良かったって思ってくれてるなら本望ですね。


ここまでもし読んでくれた方がいたら
ありがとうございます。
誤字とかあればすみません。
いつか言わなきゃ、言わなきゃって思ってたのでたまたま機会をくれたユニゾン!に感謝。

今子育てしてる方、これから出産する方
皆様のお子様がこれからも健康でありますように。

f:id:to_go:20161109033018j:plain